要約:ポリコサノールを摂取した動物の臨床試験で、血漿循環内皮細胞を(内皮細胞機能障害のマーカー)を低下させ、プラークを縮小させた。また、ポリコサノールは過度な血小板凝集を抑制するのに役に立ち、LDLコレステロールの遊離基の損傷に対抗し、内皮細胞数値を低下させた。さらに、実験証明ではポリコサノールが平滑筋細胞(SMC)増殖を低下させ、プラーク安定性に有利なプラーク作りに貢献するということを示した。

 

エネルギー源としての脂質や構成要素としてのコレステロールは血管の内膜を通過して取り込まれますが、変性したり溢れたコレステロールが内膜の下へ蓄積した状態が動脈硬化であり、その膨らみの部分をプラーク(粥状動脈硬化巣)と呼びます。

このプラークができると血管内が狭くなり血流が悪くなります。さらにプラークが大きくなると、プラークの被膜が破れ血栓ができて血管が詰まり、心筋梗塞や狭心症・脳梗塞などの動脈硬化性疾患を誘発させます。

このような動脈硬化性疾患の原因となるプラークは無い方が良く、より小さい方が動脈硬化性疾患のリスクが低くなる。

 

ポリコサノールは、細胞増殖を誘発した動脈壁の平滑筋細胞増殖を抑制し、持続的な内皮細胞損傷をもつラットの血漿循環内皮細胞を(内皮細胞機能障害のマーカー)を低下させ、猿の試験ではプラーク構成を改善した。ポリコサノールによる短期間の治療は、げっ歯類とウサギのアテローム性動脈硬化症の病変を防ぎ、一方、長期的な治療はサルの自然発生的な病変を低下させた。

また、ポリコサノールは、アテローム性動脈硬化症を予防する有益な多面発現性効果も見せている。 ポリコサノールは過度な血小板凝集を抑制するのに役に立ち、LDLコレステロールの遊離基の損傷に対抗し、内皮細胞数値を低下させた。さらに、実験証明ではポリコサノールが平滑筋細胞(SMC)増殖を低下させ、プラーク安定性に有利なプラーク作りに貢献するということを示した。

結論的にこれらの効果は、ポリコサノールのすばらしい抗動脈硬化性形成の潜在力を裏付けている。また、ポリコサノールはげっ歯動物で又は出血時間に影響を与えず、実験的に誘発された血栓と脳虚血を予防した。

 

抗動脈硬化性形成のエビデンスグラフ1

 

抗動脈硬化性形成のエビデンスグラフ2

 

抗動脈硬化性形成のエビデンスグラフ3

 

抗動脈硬化性形成のエビデンスグラフ4

 

参照元

・一般社団法人日本動脈硬化学会 動脈硬化とはどんな状態ですか?その原因は?
https://www.j-athero.org/jp/general/2_atherosclerosis/
• Rodriguez C, Mesa R., Mas R., et al. Effect of policosanol chronically administered in male monkeys (Macaca arctoides). Fd Chem Toxicol, 1994, 32: 565-575.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8045464/
• Arruzazabala ML., Carbajal D, Molina V et al. Effect of policosanol on cerebral ischemia in Mongolian gerbils: Role of prostacyclin and thromboxane A2. Prostag, Leuk and Ess Fatty Acids, 1993, 49: 695-697.
https://www.scielo.br/j/bjmbr/a/xMnNV3SbyxFwFppnygJLhmL/?lang=en
https://pdfs.semanticscholar.org/dded/0ff0b2ea479d3034c1e39ed3a4f759b2cf8d.pdf
• Carbajal D, Arruzazabala ML, Mas R, et al. Effects of policosanol of experimental thrombosis models. Prostag, Leuk & Ess Fatty Acids, 1994, 50: 249-251.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8066100/
• Molina V, Arruzazabala ML., Carbajal D, et al. Effect of policosanol on cerebral ischemia in Mongolian gerbils. Brazil. J Med Biol Res, 1999, 32: 1 269-1 276.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10510265/
https://www.scielo.br/j/bjmbr/a/xMnNV3SbyxFwFppnygJLhmL/?lang=en
• Noa M, Mas R, Mesa R: Effect of policosanol on intimal thickening in rabbit cuffed carotid artery. Intern J Cardiol 1999, 67: 125-132
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/9891945/
• Noa M; Mas R; Mesa R: A comparative study of policosanol versus lovastatin on intimal thickening in rabbit cuffed carotid artery Pharmacol Res (2001) 43: 31-37
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11207063/
• Noa M, Mas R, Aguilar C, et al: Effect of policosanol on damaged arterial wall induced by forceps in rabbits. J Electron Microsc 1998 IV: 629-630
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/17887938/
• Noa M, Mas R, Mesa AR. Effect of policosanol in circulating endothelial cell in experimental models in Sprague-Dawley rats and in rabbits. Brit J Nutr, 1997, 49: 999-1002.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/9364410/
• Noa, Mas R Effect of policosanol on atherosclerotic plaque composition on aortas of Macaca arctoides monkeys. Arch Med Res 2005,36: 441-447.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16099319/
https://www.academia.edu/33011372/Protective_Effect_of_Policosanol_on_Atherosclerotic_Plaque_on_Aortas_in_Monkeys
• Noa M, Mas R, de la Rosa MC, et al. Effect of policosanol on lipofundin-induced atherosclerotic lesions in rats. J Pharm Pharmacol, 1995, 47: 289-291.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/7791025/
https://eurekamag.com/research/002/603/002603745.php
• Noa M., de la Rosa MC, Mas R. Effect of policosanol on foam cell formation in carrageenan-induced granulomas in rats. J Pharm Pharmacol, 1996, 48: 306-309.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8737059/
• Arruzazabala ML, Noa M, Menendez R., et al. Effects of policosanol on atherosclerosis lesions in rabbits with exogenous hypercholesterolemia. Brazil J Med Biol Res, 1999 Braz J Med Biol Res 2000, 33: 835 – 840
https://www.scielo.br/j/bjmbr/a/rvjcb7WcQk6X7JzsYmhR9tC/?format=pdf&lang=en
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10881060/