要約:間欠性跛行(血管性)患者にポリコサノールを摂取させたところ、患者の歩行距離と足首/相迫収縮期血圧指数(ABI)が改善した。

抗血小板薬は間欠破行患者の歩行距離を改善した。ポリコサノールが血小板凝集を抑制するので、これらの間欠破行患者の機能指標に対するポリコサノールの効果を評価したランダム抽出の二重盲検研究がいくつかある。

ポリコサノールを1日10および20mg、10週から6ヶ月まで投与した研究結果、初期破綻距離(ICD)と絶対破行距離(ACD)を1日20mgの用量では有意に(50%以上)、そして1日10mgの用量では、やや(25%以上、50%未満)増加させた。これらの効果は長期治療の後にも持続していて改善もされていた。

さらに、治療は下肢症状を改善し、いくつかの研究では、末梢血管のアテローム性動脈硬化症の最良のマーカーである足首/上肢収縮期血圧指数(ABI)を増加させた。

ポリコサノール1日10mgとロバスタイン1日20mgを20週間投与した研究結果、LDLコレステロールと総コレステロールが低下した。また、ポリコサノールは患者の歩行距離と足首/相迫収縮期血圧指数(ABI)を改善しただけでなく、一部の生活の質の尺度(健康認知、毎日の活動に対する病気の衝撃、生活の質の全体評価)も改善した。したがって、ポリコサノールのコレステロール低下作用が、足首/上迫収縮期血圧指数(ABI)を改善するのを助けることができ、ポリコサノールの多面発現効果が歩行距離の増加に寄与したものと見られる。

 

 

 

Reference
• Castano G, Arruzazabala ML, Fernandez L et al: Effects of combination treatment with policosanol and Omega fatty acids on platelet aggregation: a randomised, double blind clinical study. Curr Ther Res Clin &Exptl 2006, 62: 174 – 192
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24678094/
https://cyberleninka.org/article/n/469814

• Jacoby D, Mohler ER. Drug treatment of intermittent claudication. Drugs. 2004; 64: 1657-1670.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15257627/

• Castano G, Mas R, Fernandez L et al: A double-blind placebo-controlled study of the effects of policosanol in patients with intermittent claudication. Angiology 1998, 50: 123-130
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10063942/

• Castano G, Mas R, Fernandez L et al: A long-term study of policosanol in the treatment of Intermittent Claudication. Angiology 2001, 52: 115-125
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/11228084/