体内時計

「体内時計」という言葉を聞いたことがあると思います。生物にはもともとこの体内時計という周期的な時間が備わっており、睡眠やその他の一日の行動パターンを規定しています。人を含む特定の生物では脳の深部にある「視交叉上核(しこうさじょうかく)」の細胞グループがお互いに働きかけることで、体内時計を作っているということが最近の研究で解かってきました。※1

 

サーカディアンリズム

睡眠と覚醒は、体内のホルモンや日光などにより、時計のように周期的なリズムによってコントロールされています。この一日の周期をサーカディアン(概日)リズムと呼んでいます。このリズムは脳にある体内時計の機能と密接に関係しています。人のサーカディアンリズムは25時間と言われることが多く、太陽の光を浴びることで24時間のサイクルにリセットされると言われています※2。

 

睡眠のメカニズム

睡眠・覚醒リズムは、体温などの自律神経系、内分泌ホルモン系、免疫・代謝系などと同様に、体内時計によって約1日のリズムに調節されております。この体内時計に働きかける脳内ホルモンがあります。

まず、目覚めに重要な、脳の神経伝達物質である「セロトニン」という物質があります。朝に太陽光を浴びることで、このセロトニンが作られます。このセロトニンから睡眠に重要な「メラトニン」と呼ばれる脳内ホルモンが作られます。自然な睡眠を誘導するメラトニンは、起きてから14時間くらいから徐々に分泌されます。メラトニンの分泌が高まることで、深部体温が徐々に低下し、眠気が生じることで自然な睡眠に至ります。

年齢が若い時は、比較的に多くのメラトニンが分泌され、年齢が上がるにつれて、メラトニンの分泌が少なくなることが解かっています。高齢になると睡眠が浅くなるのはメラトニンの分泌量に関係すると考えられています。※3

 

まとめ

1日のサイクルにおいて、体内時計に関係する細胞や、光を感知する細胞など色々な細胞どうしのやりとりで、サーカディアンリズムという機能が働いています。このサーカディアンリズムの自然なバランスを崩さないような、健康的な生活を心がけたいところです。

 

 

参考

※1

https://scienceportal.jst.go.jp/gateway/clip/20181017_01/

※2

概日リズム睡眠障害 | e-ヘルスネット(厚生労働省) (mhlw.go.jp)

※3 体内時計を調節するホルモン、メラトニン

体内時計と睡眠のしくみ | 体内時計を調節するホルモン、メラトニン | 体内時計.jp (tainaidokei.jp)